実務翻訳コース

入門的なコースがおわったんで、実務翻訳のコースをとることにした。最初からこっちにすればよかった!ナショジオの講座でもよかったんだけど、お金の関係で断念。いつか受けたい。絶対面白いと思う。

妊婦時代の話1

妊娠していたときの話を語りたくても語る相手がいないのでここに記す。

妊婦時代はほとんどマタニティブルーで最悪なメンタルだった。毎日、妊娠したことを後悔して暮らしていた。今そのことをさらに後悔するという、バカみたいな気持ちになっている。もっとキラキラしとけば良かった。

キラキラ出来なかった理由は、職場の同時期に妊娠した同期がひどいつわりからの流産に至ったこと、夫と別れたいと真剣に考えたらはじめたときに妊娠してしまったこと、夫が子どもが生まれてすぐに単身赴任しようとしていたこと、自分のお金がなかったこと、など気がかりなことがあり過ぎたからだ。

22週目まではまだあともどりできるとおもっていたし、予定月になってもまだなんとかして逃げたいと思っていた。今考えるとなんて罰当たりなんだろう。

どうにかこうにか39週と5日で子どもは生まれた。

 

最後の課題を提出

買い物がてら、最後の課題を提出してきた。

ちょっと難しかったかも。これで初級かあ・・・。

初級以降の口コミがほとんどないのが分かったかも。

でも、いろいろと調べたり、合う日本語を探したり、

久々に夢中で取り組めて楽しかった。

来世のために記すと、

なんでも専門職に就きたかったら、

18歳までに見通し立てておかないとダメ。

出遅れ感半端ないっす。しみじみ感じる今日この頃。

 

見た目に関してのつぶやき

①髪の毛

最近は髪の毛のポコポコ問題よりも、

抜け毛がひどくて困ってます。

髪を洗うとごっそり抜けます。(排水溝の掃除、週イチのレベルです。)

これは授乳中だから仕方がないのですが、

もう7か月にもなるのに一向に良くなりません。

一年たったらまた考えようと思います。

②イボ

顔の側面にイボ兼シミのようなもの(どちらかといえばイボだと思う)ができていました。

超おばさん臭いっていうよりも、おばあさんみたい。

正直、美容外科でとるしかないと思います。

試しにハト麦茶を飲み、イボにきくというオイルを塗ってます。

(3か月以上継続していますが、全然きかない。)

私のは老化現象だからやはり美容外科に行くしかないのでしょう。

③タルミ

ふとした時に、PCがスリープモードのなった時などに自分の顔が映ってぎょっとなる。

ほうれいせんやばーい。

これは肥満が第一の原因なので頑張ってやせます。

BMIを普通レベルにします。頑張る。

添削課題二回目戻りました。

点数は160点でした。(前回は163点)

前回同様にほとんどB判定でした。ただC判定が一個出てしまいました。

このCは防げる減点だったので悔しいです。

私の怠慢で、「である」と「です・ます」を混ぜてそのまま提出していたのです。

校正でいう、「常体と敬体が混在しています」ってやつです。

 

ところで、この通信講座、「始めました/始めます」っていう内容のblog記事はいろいろなところにあるのですが、その後どうなったかを書いている記事が全然ありません。

みんな、入門して満足してしまったのでしょうか。

 

添削二回目提出

某通信講座二回目添削課題を提出しました。

今回も楽しく翻訳できました。

私は長文の翻訳が好きなんですが、3問目のジュンパ・ラヒリ「ピルザダさんが食事に来たころ」の前後が気になって、kindleで買ってしまいました。

翻訳版も文庫で購入。

 

停電の夜に (新潮文庫)

停電の夜に (新潮文庫)

 

 

添削が帰ってきたら読む予定。

添削もあと残り一回。

この講座終わったらどうしよう。

添削帰ってきた

某翻訳通信講座の添削が帰ってきました。

全体的にB。Aは一個だけ、体裁についてのみ。

気持ちはオールAを目指したいけど、

なかなか難しいだろうな。

復習しつつ、次の課題に取り掛かろう。