潤一

井上荒野の「潤一」読んだ。
日本語がきれいで、読みやすくて一気に読んでしまった。
翻訳、ドイツ語、経済学